Python 入門

ホーム > PyDrive による Google Drive の利用 > PyDrive のインストール

PyDrive のインストール

スポンサーリンク

ここでは PyDrive のインストール方法について説明します。

環境は Ubuntu 14.04LTS と Windows 7 を想定しています。

pip のインストール

まず Pip (Python パッケージマネージャ) がインストールされていることを確認し、必要ならばインストールします。

Windows では Python 2.x 系では Python 2.7.9 以降で、Python 3.x 系では 3.4 以降で同梱されています。

C:\Python27\Scripts フォルダにあります。

Ubuntu では次の手順でインストール可能です。

$ sudo apt-get update
$ apt-get install python-pip

Google API クライアントライブラリのインストール

次に google-api-python-client ライブラリをインストールします。

$ pip install --upgrade google-api-python-client

Google デベロッパーコンソールで Google Drive API を有効にします

次の手順は Google のページの参考訳です。Drive API を有効にしたら下記手順最後の client_secret.json はダウンロードしておいてください。

  1. Google デベロッパーズ・コンソールの こちらのウィザード でプロジェクトを作成するか選択します。すると API は自動的に有効化されますので、"Continue" をクリックしてから "Go to credentials" をクリックします。
  2. ページの先頭で "OAuth consent screen" タブを選択します。メールアドレスを選択し、設定されていない場合 Product name を入力して Save ボタンをおします。
  3. "Credentials" タブを選択して、"Create credentials" ボタンをクリックして、"OAuth client ID" を選択します。
  4. アプリケーションタイプとして "Other" を選択して、名前として "Drive API Quickstart" を入力して Create ボタンを押します。
  5. OK をクリックしてダイアログを閉じます。
  6. クライアント ID の右側に表示されているダウンロードボタンをクリックします。
  7. このファイルを作業フォルダに移動して client_secret.json という名前にします。

PyDrive のインストール

最後に PyDrive をインストール します。

$ pip install PyDrive

pip があれば簡単ですね。

スポンサーリンク
ホーム > PyDrive による Google Drive の利用 > PyDrive のインストール