Python 入門

ホーム > Python のタイプとオブジェクト > ディクショナリ

ディクショナリ

スポンサーリンク

ディクショナリとは?

ディクショナリ (dictionary) というのは、マッピングタイプのひとつで、キーと値のペアを保持するオブジェクトです。

ディクショナリは { } で記述できます。例えば、name = Keisuke Oyama, age = 37 という値を記述するには次のようにします。

>>> D = {'name':'Keisuke Oyama', 'age':37}

こうしておくと、キーを使って次のように値にアクセスできます。

>>> D['name']
'Keisuke Oyama'

また、次のように {} で空のディクショナリを作っておき、 後で値を追加することもできます。

>>> E = {}
>>> E['car'] = 'Sianna'
>>> E['make'] = 'Toyota'
>>> E
{'car': 'Sianna', 'make': 'Toyota'}

ディクショナリの関数

ディクショナリで使える関数は私の手元では次のようになりました。

>>> dir(D)
['__class__', '__cmp__', '__contains__', '__delattr__', '__delitem__', '__doc__', 
'__eq__', '__format__', '__ge__', '__getattribute__', '__getitem__', '__gt__', 
'__hash__', '__init__', '__iter__', '__le__', '__len__', '__lt__', '__ne__', 
'__new__', '__reduce__', '__reduce_ex__', '__repr__', '__setattr__', '__setitem__', 
'__sizeof__', '__str__', '__subclasshook__', 'clear', 'copy', 'fromkeys', 'get', 
'has_key', 'items', 'iteritems', 'iterkeys', 'itervalues', 'keys', 'pop', 'popitem', 
'setdefault', 'update', 'values', 'viewitems', 'viewkeys', 'viewvalues']

キーのリスト、および値のリストは keys()values() 関数を使って次のように取得できます。

>>> D.keys()
['age', 'name']
>>> D.values()
[37, 'Keisuke Oyama']

特定のキーがディクショナリに含まれているかどうかチェックするには、has_key を使います。

>>> D.has_key('name')
True
>>> D.has_key('address')
False

これは次のように in を用いても OK です。

>>> 'name' in D
True
>>> 'address' in D
False
スポンサーリンク
ホーム > Python のタイプとオブジェクト > ディクショナリ